シリーズ

おいしい街歩きのすすめリターンズvol-30

 

 

昼はハンバーガー… 夜はときどき日本酒?

1,Burger cafe Bitz(バーガーカフェ ビッツ)

甘みを抑えたパンにジューシーな肉、シャキシャキレタスに酸っぱめのデミグラスソース、甘めのマヨネーズ…そのバランスがおいしさの秘密。ファンの声に応えて始まった「スペシャルスープランチ」(1000円、平日限定、午前11時半~なくなり次第)は、好みのバーガーにサラダ、オニオンリング、ポテト、さらに、クラムチャウダーかミネストローネのスープ付き。驚きのボリューム…でもペロリと完食です。金曜と第2・4木曜の午後7時からは、日本酒立ち飲みの「燗酒Kids.(かんざけキッズ)」に様変わり。

高松市仏生山町甲322
TEL: 087(889)0441
営業時間: 午前10時~午後5時(土・日曜、祝日は午前8時~)
※バーガーがなくなり次第終了
定休日: 水曜、第2火曜
席数: 30席
駐車場: 5台

スパイスの複雑な味わいがクセになる

2,ヒッカリー

 

南北両方のインドカレーをご飯に合うように創作。その日の朝、食材に合わせたスパイスをオイルで熱して作るため、複雑な香りとスパイスの立った感じが特徴です。本日のカレー2種(各900円)は黒板をチェック。両方を味わえる「あいがけ」(1100円)は女性を中心に、単品は男性に人気とのこと。「こどもチキンカレー」(500円)や日替わりデザートもあるため、家族で楽しめます。

高松市仏生山町甲322
TEL: 080(4033)9082
営業時間: 正午~午後8時 ※売り切れ次第終了
定休日: 木・金曜
席数: 10席
駐車場: 5台(共有)

瀬戸内のキラリと光る逸品との出合い

3,Shop&cafeおいしこく~cocoa~(ココア)

コンセプトは「四国・瀬戸内のEat Goodな食品」。無農薬や減農薬、無添加など体に優しく、大手百貨店には並ばないような知る人ぞ知る調味料やハーブティー、乾麺たちがずらりと並んでいます。そのおいしさを味わってほしいとイートインも実施。これからの季節は、「鍋焼き手延べうどん」(700円)や「甘酒」(300円)が人気とのこと。香川本鷹を使って好みの辛さの七味を作るワークショップ(25㌘のお土産付き、1000円、要予約)もおすすめ。キャンドル教室も随時開催。

高松市仏生山町甲475―2
TEL: 090(3186)0459
営業時間: 午前11時~午後7時
定休日: 無休 ※不定休あり
席数: 8席
駐車場: 1台※仏生山温泉北側駐車場も利用可

優しさに包まれて心も体も元気に

4,仏生山cafe notice(ノーティス)

小道を入った先にあるほっこりカフェ。オーダーやデザートなど、絶妙のタイミングで来てくれるスタッフの心遣いが、さりげなく癒やしてくれます。昼は「週替わりランチ」(900円)や「お野菜カレーランチ」(1000円)など3種。野菜たっぷりでとってもヘルシー。季節限定の「栗のティラミス」(500円)もイチオシです。フォカッチャトーストやクロックムッシュのモーニングもあり。

高松市仏生山町甲1―3
TEL: 087(813)8263
営業時間: 午前8時~午後4時(3時LO)
定休日: 木曜
席数: 18席(うちカウンター6席)
駐車場: 7台※できる限り乗り合わせを

ゆったりと流れる大人のくつろぎタイム

5,Tea Salon Lys Graciuex(ティーサロン リスグラシュ)

優しく気品ある白ユリをイメージして名付けられたこちら。期待に胸を躍らせながら階段を上がると、扉の向こうは別世界。ヨーロッパのプチホテルをイメージしたということで、豪華な輸入家具やアンティークにため息がこぼれます。非日常を感じながらいただくのは、「フルーツカレー」(サラダ・コーヒーまたは紅茶付き、1500円、午前11時半~)や、「アフタヌーンセット」(1800円、午後1時~)など。オリジナルブレンドのオーガニックコーヒーをはじめドリンクも充実。

高松市仏生山町甲1475─2
TEL: 087(816)1134 営業時間: 午前9時~午後6時 定休日: 水曜 席数: 24席(うちカウンター4席) 駐車場: 6台