シリーズ

ちびと。 「お手伝い」

食事の準備に後片付け、部屋の掃除や花の水やり、お風呂掃除などなど、いろいろある“お手伝い”。皆さんはどれくらい子どもにさせていますか?正直、大人がやった方が早いし、やり直しの手間がかかる場合もありますが、“お手伝い”は子どもの成長にいいコトがいっぱいなんです。

どんどんやってもらおう!お手伝い

今のお手伝いは「学びの機会」
ひと昔前までは、子どもが家のことを手伝うのは“当たり前”として、親も子も淡々とそれぞれの役割を担っていたのかもしれません。ですが生活がぐんと便利になった今、お手伝いは「労働力」としてより、「学びの機会」としての意味合いが大きいものに。
では、お手伝いを通して、身につくこととは―。

その1 満足感や達成感、そして意欲のある子に

人のために何かをすると「ありがとう」という言葉が返ってくる―。自分が人の役に立ったという喜びや満足感、頼まれたことをやり遂げたという自信や達成感は、子どもの成長に欠かせないものです。お手伝いは、それらの感情を育むための大切な時間と捉えて。
また「人に褒められたり感謝されたりすることで、意欲のある子に育ちます」と、野町さん。お手伝いができたら表情豊かにいっぱい褒めて、やる気を刺激してあげましょう。自分から進んでお手伝いするだけでなく、人のために何かをしてあげたいという優しい気持ちを育てることにもつながります。

その2 生活スキルの向上に

いろんな生活体験をさせてあげること、これもお手伝いの大事な目的。お茶を入れる、お米をとぐ、りんごの皮をむくなど、暮らしに必要なスキルを一つひとつ身につけさせましょう。「子どもは心と体で覚えた体験だけが、本当の知恵と力になっていく」とのこと。さらに包丁や火を使うようなお手伝いについては「“危ないから、失敗するから”と、子どもに経験させない大人が増えている気がします。危険なこと、失敗しそうなことほど、避けずに危険なことをしっかりと伝え、丁寧に教えてあげてほしい」とも。
お手伝いで学んだ生活スキルは、生きる力として、将来必ず役立ちます。

年齢に応じてできることを少しずつ

1歳の子どもに「これ、ごみ箱にポイしてきて」と頼み、できたら「ありがとう」と笑顔でうれしい気持ちを伝えてあげましょう。お手伝いを始める時期は、早ければ早いほどいいのですが、成長に応じたお手伝いをチョイスしてあげることが大切。幼児期は特に「抽象的な言葉は避けて、できる限り具体的に分かりやすく頼んでみましょう」。簡単なことから始め、少しずつできることを増やしていく―。焦らず、“スモールステップ”で上手に導いてあげましょう。

教えてくれたのは

chibito01
花ノ宮保育園園長、野町文枝さん

こどもといっしょ Scene11 テイクアウトdeお外ごはん

グリル&洋食 アガペ

実はテイクアウトできるあの人気メニュー

chibito02

ハンバーグに海老フライ、ナポリタン、子どもも大人も大好きなメニューを一度に味わえる不動の人気の「Aランチ」(1200円)。サラダとライスも付いてボリューム満点。テイクアウトの場合はスープの代わりにお茶をサービス。小学生以下対象のミニサイズのAランチが一緒に楽しめる「親子ペアAランチセット」(1800円)もおすすめです。その他、ナポリタンやオムライス、カレーなどスープ系以外はテイクアウトOK。お出かけの時はもちろん、育児中でなかなか外食できない人も気軽に。

住所 高松市塩上町1―3―15
電話 087(831)3439
営業 午前11時半~午後3時(2時半LO)・午後5時半~11時(10時半LO) 
休業日 日曜
席数 33席(うちカウンター11席)
駐車場 5台

SANTA’S DINER(サンタズダイナー)

親子で本格バーガーを楽しもう!

chibito04
chibito05
“サンタのおっちゃん”の愛称で親しまれる店主が、アメリカのハンバーガーに魅せられてオープンした専門店。定番の「ハンバーガー」(680円)は国産牛豚の合挽き肉を使用していて、ふんわりジューシーな味わいは感動もの。「てりたまバーガー」(860円)「チーズバーガー」(740円)などテイクアウトの場合はすべてポテト付き。注文ごとに1つひとつ丁寧に作る、できたてのおいしさをぜひ味わって。ママ会などグループでの利用にも◎。
住所 高松市屋島西町2506―17
電話 087(816)0889
営業 午前11時~午後9時(8時半LO)※土・日曜、祝日は午後8時まで(7時半LO)
休業日 火曜
席数 40席(うちカウンター4席)
駐車場 20台

BOOK

ハロウィーンの時期にオススメの一冊

「しゃっくりがいこつ」

chibito06
しゃっくりを止めたくて奮闘するがいこつ。水を飲んでも全部こぼれちゃって(笑)なかなかうまくいきません。さて、どうやって止めるのかな?がいこつのユーモラスな動きは大人が見ても思わずクスっとしちゃいますよ。

マージェリー・カイラー作
S.D.シンドラー絵
らんか社刊
1500円(税別)
【販売:宮脇書店】

今月の本紹介者

chibito07
中央図書館よみきかせたいJr
第1期メンバー 鎌橋陽香(はるか)さん

養成講座でノウハウを学び、読み聞かせボランティアを行っている「よみきかせたいJr」。小6の時から5年間活動を続けている高校2年生の鎌橋さんは、「子どもの素直な反応と、その様子を見た保護者からの感想が毎回楽しみ」と言います。次回活動は12月「子ども読書まつり」「クリスマス会」。問い合わせは、087(861)4501高松市中央図書館業務係

Even & Workshop

高松空港まつり2016

パイロットやCAの制服を着て記念撮影をしたり、実際の飛行機に合図を送る仕事を体験したりと、飛行機好きキッズはもちろん、大人もワクワクするイベントが盛りだくさん。リアルサウンドジェットが当たるじゃんけん大会や、航空券が当たる大抽選会もありますよ。

住所 高松空港(高松市香南町岡)
開催日時 10月29日(土)午前10時~午後4時
お問合せ 0120(611)450キャリアステーション

ひまわりの摘み取り&チョークアート教室

夏のイメージですが、実は10月が一番きれいに咲くといわれるひまわり。お気に入りを摘み取ったら、今注目のチョークアートに挑戦。芸術の秋を満喫しましょう。

住所 MORI農園ひまわり畑(高松市仏生山町甲)
開催日時 10月30日(日)午前9時半~正午ごろ(9時20分集合)
※小雨実施
参加費 一人1700円(ひまわり摘み取り5本700円+チョークアート1000円)
申し込み・問い合わせ 090(9312)1467
さぬきファームプロジェクト協議会事務局