シリーズ

目指すは後ろ姿美人 髪形で損してない?


メイクのたびに鏡をのぞいても、そこに映らないのが自分の頭頂部や後頭部。でも実はこの“後ろ姿”こそが、他人が見ているあなたのイメージ。ぺたんこやパックリ分け目では、せっかくのメイクが台無しです。おしゃれが楽しくなるこれからの季節、目指すは“後ろ姿美人”です!

教えてくれたのは…
berry オーナースタイリスト 岡崎恒治さん

 

人生のステップは 楽しく明るく軽やかに!

フラメンコチーム たどつセニョーラ

華麗なステップでフラメンコを踊るセニョーラたちは、多度津町商工会議所女性会のメンバーを中心とする11人。「周りで誰もやっていないフラメンコを、私たちから始めよう」という初代会長・井原佳子さん(77)の呼びかけで、10年前にスタートしました。背筋をピンと伸ばした美しい立ち姿、軽やかなステップ、なめらかなアバニコ(扇子)さばき…見た目からは想像ができませんが、実はメンバーのほとんどが“オーバー65”というから驚きです。指導を担当する野崎千恵さんも「素晴らしいチーム」と太鼓判。  得意なレパートリーは速いテンポのタンゴ。「踊りも楽しいけど、派手な化粧と衣装でいつもと違う自分になれる」というのもフラメンコの魅力の一つなのだそう。地元のイベントではおそろいの衣装に身を包み、パワー全開で観衆を魅了し続けています。最高齢の白井アキノさん(81)は「体力キープのために、週に1回プールに通って1000㍍を泳いでいます」と、美と健康は日々の努力のたまもの。  セニョーラたちの一番の自慢は“チームワークの良さ”。「団結力ではどこにも負けない」と、強い絆で美しい群舞を繰り広げます。

三陸発!おしゃれでおいしい洋風サバ缶

サヴァ缶 (各メーカー希望小売価格410円)

フランス語で「元気?」という意味の「Çava(サヴァ)?」を商品名にしたサバ缶は、岩手県内の缶詰会社など3社が協力して開発した三陸オリジナルブランド。従来のサバ缶のイメージを覆す、カラフルな外観と洋風の味付けが特徴です。味は、黄色=オリーブオイル漬け、緑=レモンバジル味、赤=パプリカチリソース味の3種類。アヒージョやパスタ、アクアパッツァなど料理の幅が広がるサバ缶で、自宅レストランに挑戦を。販売はマルヨシセンター松縄店・茜町店ほか。

問い合わせ:TEL 019(638)8161 岩手県産(岩手県紫波郡矢巾町流通センター南1―8―9)

夜が待ち遠しくなる光のインテリア

ヒノキのランプシェード (1万6200円)※受注生産

木のぬくもりを感じられるオリジナル商品を制作する「MOKU-ICHI’S GALLERY」の木製ランプシェード。1972年に樹脂の製品としてデザインされたものが、40年以上の時を経た今、異素材のリプロダクト製品として生まれ変わりました。土台はチョコレート色のウォールナット、ランプシェードは薄くひいた国産ヒノキが使われています。昼間は木目が美しいインテリアとして、明かりをつければ幻想的な光を放つランプシェードとして、おうちに一台いかかです?

販売・問い合わせ:TEL 087(833)2311 MOKU-ICHI’S GALLERY(高松市観光通2―10―15太洋木材本社内)