特集

あなどるなかれ どれもおいしい個性派グルメ こんなところにもうどん!?

香川県民のソウルフード・うどん。いりこだしやカレー、卵など、何にでも合う優しい味は、意外な食べ物や食べ方とも絶妙にマッチ。うどん県の真骨頂ともいえる(?)うどんグルメを集めました。

 

食べれば納得、愛されるワケ

Annie’s Crepe(アニーズクレープ)の
肉うどんクレープ 510円


常時50種類以上ものクレープラインアップの中で、異彩を放っているのがこちら。7年前の発売以来、食べた人のリピート率が高い大ヒットメニューだそうで、食べてビックリ。甘辛のタレがしみ込んだやわらかい肉、半熟の目玉焼き、シャキシャキレタスとコーンフレーク、マヨネーズ、うどんが想像以上のハーモニー。12月20日(日)まで、「リビングを見た」と注文した人にはソフトドリンク1杯サービス。

高松市上天神町536
ン・キホーテ パウ高松店1階
TEL: 090(7582)9002
営業時間: 正午~午前1時
定休日: 無休

 

もちもち食感で会話も弾む

讃岐珈琲バル 瀬し香 レインボー店の
讃岐ハンバーグ御膳 1298円~


うどんが大好きというオーナーが考案したハンバーグには、なんとゆでうどんがイン。ナイフを入れた途端ジュワーッとあふれ出す肉汁と絡み合い、そのおいしさに感動。「県外のお客さまとの食事など、香川ならではの思い出になれば」とのこと。テイクアウトのお弁当(750円~)もあり。お店いっぱいにディスプレイされた本を読みながら、心和む味わいを。

高松市多肥下町1507―8
TEL: 087(868)6558
営業時間: 午前11時半~午後10時
定休日: 火曜

 

ドライブ途中の必食おやつ

津田の松原SA・あなぶき家の
うどん屋さんのうどーなつ 260円


津田の松原サービスエリア限定販売、オーダーしてから揚げてくれるできたてドーナツの正体は、ずばりうどん。セルフうどん店「あなぶき家」の本格手打ち麺を素揚げした上にグラニュー糖がまぶされ、塩気と甘み、熱々モッチモチの食感がgood。世代を問わず食べやすいと好評だそう。ドライブのお供はこれに決まり。

さぬき市津田町鶴羽935―5
津田の松原SA上り線
TEL: 0879(42)1777
営業時間: 午前7時~午後10時
定休日: 無休 ※下り線でも販売

 

いくらでも食べられそうな飽きない味

空港売店「四季の里」の
讃岐うどんせんべい
10袋入り540円・20袋入り1080円

お土産として手軽に持ち帰れて、見た目にインパクトのあるお菓子を作りたいと開発されたお菓子。白いうどんとともにネギやのりまで、せいべい上に広がるうどんの世界。うどん部分の塩加減がこだわりで、ついつい手が伸びる味。ほんのりだしが香る程よい甘さです。値ごろ感も◎。

高松市香南町岡1312ー7
TEL: 087(814)3298
営業時間: 午前8時~午後0時半・午後3時〜7時15分 (変更の可能性あり。HPなどで確認を)

 

大きめサイズにカレーもうどんもギュギュっと

手作りパンの店 アゴラの
揚げカレーうどんパン
焼きカレーうどんパン
甘口・辛口 各220円

子どもや女性なら1個でランチ代わりにもできちゃいそうなボリュームのパンは、お得感たっぷり。丁寧に作られたルウは甘口と辛口があり、さらにまたそれぞれ3種類の違った味をローテーションで使っているという凝った作り。パンは揚げまたは焼きがあり、計4種類が常時並びます。中の讃岐うどんはカレーとともに食べ応え抜群。今年5月にリニューアルしたかわいらしい外観の店舗にぜひ出かけてみて。

丸亀市柞原町333―1
TEL: 0877(25)0030
営業時間: 午前9時半~午後5時
定休日: 日曜、祝日