フォトトリップ〜花崗岩、安山岩、メサ、ビュート〜

それにしても花崗岩…。ん〜、懐かしい言葉ではありませんか。

「りゅうざん、あんざん、げんきなこ、かこんで、せんこー、はんごろし」
なんて覚えましたよね。(え!覚えてないだって!?・笑)

 

では、その頃の中学理科の知識をひっぱりだしてみましょう。

 

花崗岩は、火山の奥深くでゆっくり冷えて固まってできます。
香川県の山のほとんどは、このやわらかい地層がベースになってできていて、風や雨でえぐれやすいのです

 

一方、

安山岩は、火山の上の方で急速に冷えて固まってできます。
そして香川の山には、花崗岩のベースの上に固い安山岩が載ってできているのです

 

イメージとしては、ソフトクリーム(花崗岩)の上にパリパリになったチョコレート(安山岩)がかっている、あの感じでしょうか。

では、これがどうして、あのおむすびの形になっていくのでしょう?

 

さらに地理の勉強もまぜてみましょう。

 

メサ(卓状台地)とビュートという単語に覚えはないですか。

実は、香川の地形はこれによるものなのです。

 

図解するとこう。

 

メサの侵食がすすみ、どんどん細くなって三角に近づいていったものがビュート。

 

その知識を入れてもう一度3つの山を見てみると、
紫雲出山はメサ、稲積山はビュート、象頭山はメサ気味かな?

 

ほかにも琴平山、屋島、五色台はメサ、
飯野山はビュートといわれています。

 

今、香川にいる人は、家や職場のまわりをみわたして。
どの山も、メサかビュートっぽくみえません?

これ、トゲトゲの山ばかりのよその県では、結構特殊な景色なのです。

 

 

四国八十八景を巡るフォトトリップの記録(2/5)
2、香川の3つの山と私
〜紫雲出山、稲積山(高屋神社)、琴平山(金刀比羅宮)〜

元の記事は、>>こちらから